二拠点生活/副業・兼業のためのポータルサイト

         

Columnお役立ちコラム

デュアルライフ(二拠点生活)に役立つ・タメになる情報を発信!

副業を地方で行うなら|業種や流れを紹介

  • #二拠点生活

  • #地方

  • #地方創生

  • #地方貢献

  • #副業・兼業

リモートワークが多くの企業で導入されるようになり、自由な働き方に憧れる人が増えてきました。また、収入の増加やスキルアップ、新しい経験を積むなどのために、副業をする人も増えています。実は、地方で副業を行うと、企業へ貢献できるだけではなく地域全体の活性化にも貢献できます。優秀な人材が不足している地方企業も多く、副業でもスキルや経験があれば必要としてくれる企業は多いのです。

本記事では、副業を地方で行うことのメリットや、副業としておすすめな企業、求人を探す際の流れ、注意点などを紹介します。

副業を地方で行うとどうなる?

コロナ禍をきっかけに、リモートワークを希望する人の増加、拡大につれて、住む場所や職場に縛られずに仕事を行えるよう仕組みを整える会社が増えました。また、リモートワークの広がりを受けて、時間を有効活用して副業を始める人も増えてきており、地方を選んで副業を行う人もいるようです。ここでは、地方で副業を行った際の展望を2つ紹介します。

二拠点生活のメリットは、本業とは別に地方で副業を行うことで、都心部の暮らしと地方の暮らしの両方を楽しめることです。複数の拠点で働くことで異なる考え方や視点を持った人と出会うことができます。2つの拠点では、周囲の人たちは異なる価値観をもっています。そのため、都心部にはない価値観に触れて視野を広げられる可能性があるでしょう。

また、都心部のさまざまなレジャーにおける楽しみとは異なり、地方特有のゆったりとした空間でコミュニケーションを楽しむことができます。自然の多い地域で副業をすれば、軽い散歩や窓を開けるだけでも気分のリフレッシュにつながるでしょう。地方で副業を行うことは、都市と地方の双方のメリットを享受して、自分の可能性に気づけたり、自分の考えの幅が広がる新たな考え方を取得したりできる可能性があります。

副業を行うことで、本業では得られない新たなキャリアを構築でき、新たな関係性の構築から将来の可能性が広がることもあるでしょう。本業のスキルを活かせる仕事を副業に出来れば、大きな負担をせずに始められます。また、人脈を増やしていくことで、本業との相乗効果も期待できるでしょう。一方、本業とはまったく別の仕事を副業とした場合、実績を積み上げていくことで、将来的に副業を本業にして独立することも可能です。

地方や自分が生まれ育った土地で副業を行うと、地域に貢献でき、やりがいや生きがいを感じられます。人材不足に悩まされている地域も多く、地方で副業を行うことは大きな地域貢献になるといえるでしょう。地域ならではの副業を行えば、地方創生にもつながります。過疎地で副業を行えば、地域を盛り上げていく人々のあたたかさを肌で感じられる喜びが生まれます。現在、本業でのやりがいをあまり感じられていない場合は、副業でやりがいを見つけてモチベーションアップを目指すのも一つの手段です。

副業を地方で行う際のおすすめの業種・職種は?

地方で副業を行う際、どのような業種や職種の仕事が可能なのでしょうか。ここでは、Webコンテンツ制作や広告活動、コンサルティング活動について紹介します。地方で副業を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

パソコン作業がメインのWebコンテンツ制作に関連した仕事は、副業にしやすいといえます。WebデザイナーやコーディングをWeb構築をプレイヤーとして担う仕事もあれば、既存のサイトを管理する仕事もあります。クラウドソーシングでも募集の多い分野のため、地域に関係なく仕事は見つけやすいでしょう。また、Webコンサルティングとして活躍する方法もあります。Webコンテンツは、地方でも需要がある媒体であり、パソコンがあれば仕事が完結するものも多いため、あまり場所を選ばないというメリットがあります。

地方を盛り上げるための広告活動を副業にするのもおすすめです。具体的には、まちおこしという形で地域に関わり、行われるイベントに参加して広告活動を行ったり、イベント自体を盛り上げるための企画や運営に携わる進行を行ったりする方法があります。本業で広告活動もしくはマーケティング活動を行っている場合は、実用的なスキルをもつ人物として歓迎されるでしょう。都会とは異なる広告の打ち出し方が勉強できて、自分自身のスキルアップをしながら地方活性に貢献できるというメリットがあります。

本業でコンサルティングの仕事を担当している場合は、副業でも役に立ちます。地方では、企業が抱える課題を解決できる優秀なコンサルティング人材を求めている場合が多く、経験者であれば応募してみるのも一つの手段です。コンサルティング業を行うことで地元企業を盛り上げられれば、地域全体の活性化も期待できるでしょう。自治体によっては、副業や兼業人材としてコンサルティング担当者を募集しています。

副業を地方で行う流れ

地方で副業を行うと決めても、実際にどのような流れで仕事を探せばよいか分からない人も多いでしょう。ここでは、副業を始めるまでの流れを紹介します。

地方で副業を見つけるなら、まずは各自治体に募集があるかの問い合わせや、マッチングサイトを利用することで、営業活動を始めましょう。地方が人材を必要としていても、求人情報を出していない可能性があります。そのため、マッチングサイトで求人情報をチェックするだけではなく、実際に副業を行いたい地域の自治体に問い合わせるのがおすすめです。登録するプロフィールは、副業として始めたい仕事が目に留まりやすいように、よく考えて記載しましょう。

こちらでは、東北6県 + 新潟の副業支援系サイトを紹介します。

青森県: あおもりサイドジョブセンターblank

秋田県:副業・兼業 | 秋田県プロフェッショナル人材戦略拠点blank

岩手県:シゴトバクラシバいわてblank

宮城県:ダブルワークみやぎblank

山形県:PARASUKUblank

福島県:福島県人材マッチングサイトblank

新潟県:ともるいblank

地方での副業を検討している方は、ぜひ上記サイトを参考にしてください。

マッチングサイトに登録したら、さっそく求人情報の検索を行いましょう。検索する際は、希望する地域だけをピンポイントで調べるのではなく、周辺地域まで対象にして確認すると選択肢の幅が広がります。自分のスキルを活かして応援したいと感じる企業を選ぶのがおすすめです。

気になる求人や企業が見つかったら、さっそく応募や相談を行いましょう。応募する際は、事前に履歴書を用意したり、これまでの経歴や実績をアピールできる書類を用意したり、欲しいと思われる人材であることをアピールしましょう。求人探しの際に、サイトや自治体が間に入っていればサポートを受けられるので、積極的に活用しましょう。無事採用が決まったら契約に進みます。

副業を地方で行う際の心構え

副業の内容が決まり、いざ地方で副業を開始するとなったときの心構えを紹介します。副業を始めてからトラブルが発生したり、不安を感じたりしないよう、事前に注意する点を押さえておきましょう。

副業を始める際は、オーバーワークに気をつけましょう。副業は、本業とのスケジュールを調整して進める必要があるため、勤務時間の調整がうまくいかないと疲労がたまりやすくなります。疲労が残った状態で両立しようとすると、両方の仕事でミスが発生してしまうおそれがあります。オーバーワークが長期にわたって続けば心身ともに疲弊し、体調不良や病気などを引き起こす可能性があるため注意が必要です。

本業と副業の間で情報が漏洩しないよう情報の管理は徹底しましょう。特に、本業と似通ったジャンルの副業を行っている場合は、無意識のうちに情報を漏洩してしまう危険性があるため注意が必要です。データや資料は、本業と副業で保管場所やフォルダをきっちり分けて混在しないようにしましょう。

副業の仕事先となる地域によっては、独特の風習があることも念頭に置いておきましょう。人と人のつながりを大切にする地域も多いため、挨拶や贈り物などをおろそかにすると関係を悪化させてしまう可能性があります。地方で副業を行う際は、事前に仕事先の地域の特色を把握しておきましょう。

まとめ

本記事では、副業を地方で行う際の流れや魅力、注意点などを紹介しました。地方での副業を検討している方は、おすすめの業種や職種を参考に、自分に合った仕事を見つけましょう。

今後、地方で副業を始めようと考えている方は、副業にまつわる情報や地方と都心の二拠点生活にまつわる情報を積極的に発信しているデュアルライフ東北・新潟のコンテンツを、ぜひ参考にしてください。

※この記事は2024年7月現在の情報を基に作成しています。今後変更されることもありますので、あらかじめご留意ください。

← 一覧に戻る